料金表に戻る 
 1.受け取り時の状態チェック・相談
 
 
リペア・修理の有無  

ストラクチャーの確認(種目、場所、時期に合わせたストラクチャーを選択)

エッジ角の確認(スキー、スノーボードのみ)
 2.リペア・修理・エッジの調整

必要に応じて
 3.ストーンマシンでの作業

フラット出し・・・サンディングマシンは使いません
(※サンディングマシンを使用すると、エッジが垂れすぎてしまうケースがあるため、エスファでは使用しません。)


ストラクチャー加工
 4.エッジの最終仕上げ(スキー、スノーボードのみ)

ベースエッジ

サイドエッジ

バリ落とし、ダリング
 5.ワックス

ホットワクシング

ワックスフューチャー、サーモバッグ
 6.仕上げ

パッキングの後、引き渡し
料金表に戻る